test
ホームライフスタイル

Category: ライフスタイル

エクササイズで冷えを解消

冷えの原因の一つに運動不足があります。  体熱の35~40%は筋肉で産生されています。運動をしないと熱をつくりだす筋肉量が減ってしまいます。また、筋肉と血液の流れには深い関係があります。運動不足になると体の代謝が落ち、血液の循環が悪くなって体温が下がります。つまり、血の流れが悪くなると冷え性になるわけです。  では、血行をよくするにはどうしたらよいのでしょうか?「血の流れ」というのは心臓の働きだけに左右されるわけではありません。心臓はポンプの働きをしていますが、血液を手足の先まで送り届けることはできても、逆に心臓まで押し戻すことはできません。血液を押し戻しているのは筋肉の力なのです。筋肉を動かすことによって血管を広げたり収縮させたりして血を押し戻しています。この働きをマッスルポンプといいます。  とくに、足の筋肉をよく動かすと、血液を心臓に戻す働きが強くなります。だからこそ、「足は第2の心臓」と呼ばれるのです。  運動不足で足の筋肉が衰えてくると下半身の血液循環が悪くなり、足腰が冷える傾向が強くなります。女性は男性に比べて一般にこの血液を押し戻すポンプの力が弱いことも冷え性が多い原因になっています。  運動不足になると血行が悪くなります。体温をつくるのは筋肉です。運動で筋肉を鍛えて、熱エネルギーを送る血液の循環をよくすることで冷えを解消しましょう。    汗をかくことの大切さ  運動が冷え性に効く理由は、血行がよくなり新陳代謝が高まる、汗をかくことで汗腺が活発になり免疫を司る皮膚の働きがよくなる、そして、筋肉を刺激することで自律神経の機能が活発になるからです。  しっかり汗を出して体温調節すると自律神経の調子が回復します。すると、夜には血管がほどよく締まるので、寝るときには適度な体温になります。  汗をかくということは私たちが生きていく上で欠かせません。体温調節ばかりではなく、老廃物や過剰塩分、有害な重金属などが汗と一緒に皮膚から排泄されているからです。  発汗のための運動には、ハードなトレーニングをする必要はありません。軽い運動でも1時間に約200グラムの汗が出ます。家の中でストレッチやエクササイズをするだけでも効果があります。  ウォーキングや背伸び運動などで、とくに足の筋肉を刺激することも大切です。水分や血液を運んでいるのは足の筋肉の力です。足の筋肉を動かすと、筋肉のポンプ機能が活発になって、下半身にとどこおっていた血液がスムーズに流れるようになります。  オフィスなどで長時間座りっぱなしでいたりすると血液循環は悪くなります。1時間に1回は席を立って、なるべく動いたり歩いたりするように心がけてください。 

冷えとダイエット

手足や腰など主に下半身が冷たく感じる、いわゆる「冷え性」の女性が増えています。ひと昔前は、冷え性は更年期障害のひとつとして知られていました。でも、最近は若い女性の多くが冷え性による自覚症状を感じています。  寒い冬ばかりではなく真夏の暑い時期でも体の温かい感じがなく、お風呂に入ってもすぐに手足が冷たくなってしまう、寒くて夜も眠れないなどで悩んでいる方が少なくありません。  ヒトには体温を一定に保つ機能が備わっています。気温が下がったり上がったりすると、皮膚から脳に温度の情報が伝わり、脳の視床下部というところにある自律神経から体のさまざまな器官に体温調節のための指令が下ります。この命令系統がうまく機能しないのが冷え性です。  冷え性が女性に多い理由は、女性は血管が細いので、血管が少しでも収縮するとすぐに血流が抑えられてしまうからです。そのために手足の末端が冷えてしまうのです。  また、女性は男性に比べて筋肉量が少ないという理由もあります。筋肉は食べ物から得た栄養分によって熱を作りだします。    冷え性が太りやすい理由  冷え性・低体温の人は太りやすく、ダイエットをしても効果が現われにくい傾向もあります。それは、体が冷えていると基礎代謝が少なくなるからです。体温が低いということは基礎代謝が低いということです。私たちは何もしないでいても、眠っていてもカロリーを消費します。呼吸や体温の維持、消化などの生命活動を維持するために最低限必要なエネルギーです。これが基礎代謝です。  深部体温(内臓の温度)が1度下がると、基礎代謝量も12%ほど低下するといわれています。たとえば、一日の基礎代謝量が1200キロカロリーの女性なら、体温が1度低くなれば一日で約144キロカロリーほどエネルギー消費量が低下するということです。  カロリー消費に差があると、同じ食事をしていても低体温の人のほうが体重は増えやすいのです。また、酵素の働きが弱くなるので、脂肪は燃えにくくなります。しかも、体脂肪が多くなるほど低体温になりやすいので、肥満と低体温が悪循環になってしまいます。  ダイエットをしているのに効果が出ないという人は、一度平熱を測ってみてはいかがでしょうか? 案外、体温の低いことがやせられなかった原因かもしれません。   

エクササイズで冷えを解消

冷えの原因の一つに運動不足があります。  体熱の35~40%は筋肉で産生されています。運動をしないと熱をつくりだす筋肉量が減ってしまいます。また、筋肉と血液の流れには深い関係があります。運動不足になると体の代謝が落ち、血液の循環が悪くなって体温が下がります。つまり、血の流れが悪くなると冷え性になるわけです。  では、血行をよくするにはどうしたらよいのでしょうか?「血の流れ」というのは心臓の働きだけに左右されるわけではありません。心臓はポンプの働きをしていますが、血液を手足の先まで送り届けることはできても、逆に心臓まで押し戻すことはできません。血液を押し戻しているのは筋肉の力なのです。筋肉を動かすことによって血管を広げたり収縮させたりして血を押し戻しています。この働きをマッスルポンプといいます。  とくに、足の筋肉をよく動かすと、血液を心臓に戻す働きが強くなります。だからこそ、「足は第2の心臓」と呼ばれるのです。  運動不足で足の筋肉が衰えてくると下半身の血液循環が悪くなり、足腰が冷える傾向が強くなります。女性は男性に比べて一般にこの血液を押し戻すポンプの力が弱いことも冷え性が多い原因になっています。  運動不足になると血行が悪くなります。体温をつくるのは筋肉です。運動で筋肉を鍛えて、熱エネルギーを送る血液の循環をよくすることで冷えを解消しましょう。    汗をかくことの大切さ  運動が冷え性に効く理由は、血行がよくなり新陳代謝が高まる、汗をかくことで汗腺が活発になり免疫を司る皮膚の働きがよくなる、そして、筋肉を刺激することで自律神経の機能が活発になるからです。  しっかり汗を出して体温調節すると自律神経の調子が回復します。すると、夜には血管がほどよく締まるので、寝るときには適度な体温になります。  汗をかくということは私たちが生きていく上で欠かせません。体温調節ばかりではなく、老廃物や過剰塩分、有害な重金属などが汗と一緒に皮膚から排泄されているからです。  発汗のための運動には、ハードなトレーニングをする必要はありません。軽い運動でも1時間に約200グラムの汗が出ます。家の中でストレッチやエクササイズをするだけでも効果があります。  ウォーキングや背伸び運動などで、とくに足の筋肉を刺激することも大切です。水分や血液を運んでいるのは足の筋肉の力です。足の筋肉を動かすと、筋肉のポンプ機能が活発になって、下半身にとどこおっていた血液がスムーズに流れるようになります。  オフィスなどで長時間座りっぱなしでいたりすると血液循環は悪くなります。1時間に1回は席を立って、なるべく動いたり歩いたりするように心がけてください。 

エクササイズで冷えを解消

冷えの原因の一つに運動不足があります。  体熱の35~40%は筋肉で産生されています。運動をしないと熱をつくりだす筋肉量が減ってしまいます。また、筋肉と血液の流れには深い関係があります。運動不足になると体の代謝が落ち、血液の循環が悪くなって体温が下がります。つまり、血の流れが悪くなると冷え性になるわけです。  では、血行をよくするにはどうしたらよいのでしょうか?「血の流れ」というのは心臓の働きだけに左右されるわけではありません。心臓はポンプの働きをしていますが、血液を手足の先まで送り届けることはできても、逆に心臓まで押し戻すことはできません。血液を押し戻しているのは筋肉の力なのです。筋肉を動かすことによって血管を広げたり収縮させたりして血を押し戻しています。この働きをマッスルポンプといいます。  とくに、足の筋肉をよく動かすと、血液を心臓に戻す働きが強くなります。だからこそ、「足は第2の心臓」と呼ばれるのです。  運動不足で足の筋肉が衰えてくると下半身の血液循環が悪くなり、足腰が冷える傾向が強くなります。女性は男性に比べて一般にこの血液を押し戻すポンプの力が弱いことも冷え性が多い原因になっています。  運動不足になると血行が悪くなります。体温をつくるのは筋肉です。運動で筋肉を鍛えて、熱エネルギーを送る血液の循環をよくすることで冷えを解消しましょう。    汗をかくことの大切さ  運動が冷え性に効く理由は、血行がよくなり新陳代謝が高まる、汗をかくことで汗腺が活発になり免疫を司る皮膚の働きがよくなる、そして、筋肉を刺激することで自律神経の機能が活発になるからです。  しっかり汗を出して体温調節すると自律神経の調子が回復します。すると、夜には血管がほどよく締まるので、寝るときには適度な体温になります。  汗をかくということは私たちが生きていく上で欠かせません。体温調節ばかりではなく、老廃物や過剰塩分、有害な重金属などが汗と一緒に皮膚から排泄されているからです。  発汗のための運動には、ハードなトレーニングをする必要はありません。軽い運動でも1時間に約200グラムの汗が出ます。家の中でストレッチやエクササイズをするだけでも効果があります。  ウォーキングや背伸び運動などで、とくに足の筋肉を刺激することも大切です。水分や血液を運んでいるのは足の筋肉の力です。足の筋肉を動かすと、筋肉のポンプ機能が活発になって、下半身にとどこおっていた血液がスムーズに流れるようになります。  オフィスなどで長時間座りっぱなしでいたりすると血液循環は悪くなります。1時間に1回は席を立って、なるべく動いたり歩いたりするように心がけてください。 

冷えとダイエット

手足や腰など主に下半身が冷たく感じる、いわゆる「冷え性」の女性が増えています。ひと昔前は、冷え性は更年期障害のひとつとして知られていました。でも、最近は若い女性の多くが冷え性による自覚症状を感じています。  寒い冬ばかりではなく真夏の暑い時期でも体の温かい感じがなく、お風呂に入ってもすぐに手足が冷たくなってしまう、寒くて夜も眠れないなどで悩んでいる方が少なくありません。  ヒトには体温を一定に保つ機能が備わっています。気温が下がったり上がったりすると、皮膚から脳に温度の情報が伝わり、脳の視床下部というところにある自律神経から体のさまざまな器官に体温調節のための指令が下ります。この命令系統がうまく機能しないのが冷え性です。  冷え性が女性に多い理由は、女性は血管が細いので、血管が少しでも収縮するとすぐに血流が抑えられてしまうからです。そのために手足の末端が冷えてしまうのです。  また、女性は男性に比べて筋肉量が少ないという理由もあります。筋肉は食べ物から得た栄養分によって熱を作りだします。    冷え性が太りやすい理由  冷え性・低体温の人は太りやすく、ダイエットをしても効果が現われにくい傾向もあります。それは、体が冷えていると基礎代謝が少なくなるからです。体温が低いということは基礎代謝が低いということです。私たちは何もしないでいても、眠っていてもカロリーを消費します。呼吸や体温の維持、消化などの生命活動を維持するために最低限必要なエネルギーです。これが基礎代謝です。  深部体温(内臓の温度)が1度下がると、基礎代謝量も12%ほど低下するといわれています。たとえば、一日の基礎代謝量が1200キロカロリーの女性なら、体温が1度低くなれば一日で約144キロカロリーほどエネルギー消費量が低下するということです。  カロリー消費に差があると、同じ食事をしていても低体温の人のほうが体重は増えやすいのです。また、酵素の働きが弱くなるので、脂肪は燃えにくくなります。しかも、体脂肪が多くなるほど低体温になりやすいので、肥満と低体温が悪循環になってしまいます。  ダイエットをしているのに効果が出ないという人は、一度平熱を測ってみてはいかがでしょうか? 案外、体温の低いことがやせられなかった原因かもしれません。   

良質な睡眠のキーポイントは深部体温と副交感神経

睡眠の質は寝始め90分の眠りの深さ、つまり最初のノンレム睡眠の深さで決まると言います。専門家のアドバイスをまとめると、深いノンレム睡眠を得るには、就寝時に深部体温が十分に下がること、そして副交感神経が優位であること、この2点がとりわけ重要なようです。    深部体温の低下  日中の活動時は内臓や脂肪、筋肉などが熱を生み出し、体内部の体温である深部体温は皮膚温度よりも最大で約2℃高くなります。これが夜間になると、心臓や脳など体の中心部から手足の抹消血管へと血液が流れ込み皮膚温度が上昇します。そしてその熱が体外に放出されることで、深部体温は下がっていきます。体は深部体温を下げて省エネモードに入り、脳や臓器を休めるのです。  このように深部体温が下がって皮膚温度との差が縮まり、体全体の体温が平均化することで、深いノンレム睡眠が訪れます。人の体は体温を一定に保つ働きがあるので、体温が上がるとその分だけ放熱も進みます。就寝1~2時間前の入浴が推奨されるのは、入浴で一時的に深部体温を上げておくと、その後で大きく下がるので、それが入眠の絶好のタイミングになるからです。  しかし冷え性などで手足に血液が流れず放熱が不十分だと、深部体温が十分に下がりません。また、そもそも深部体温が低いと十分な体温変化が起こりません。そうなると体はなかなか省エネモードに入れず、良い睡眠を得ることが難しくなってしまいます。    副交感神経を優位に  自律神経の乱れも体が省エネモードに入るのを妨げる大きな要因になります。手や足などの筋肉を動かす運動神経とは異なり、自分ではコントロールできない自律神経には、日中に優位になる緊張モードの交感神経と、夜に優位になるリラックスモードの副交感神経があります。この2つは一方が活動するともう一方が抑制されることでバランスを取っており、眠るためには「戦いの神経」である交感神経ではなく、「休息の神経」である副交感神経が優位になる必要があります。しかし刺激やストレスの多い現代社会では、夜になっても交感神経が活発なまま、副交感神経のスイッチが入りにくい生活環境になっています。  こうしたとき副交感神経のスイッチを入れるには、血行をよくすることが一番です。副交感神経が優位になると血行がよくなるので、その逆もまた真なのです。さらに血行がよくなると、睡眠を阻害する冷えの改善にもつながります。健康の基本のキである血行促進は、良質な睡眠にも欠かせないものだと言えます。   

良質な睡眠のメカニズムを知る、かなめは最初の90分

質の良い睡眠のカギは入眠直後の90分にある――寝始め90分の眠りの深さが、その晩全体の睡眠の質を示すという有力な説があります。というのも睡眠中に分泌される成長ホルモンの80%近くが、この寝始め90分の間に分泌されると言われるからです。  睡眠はまずノンレム睡眠(脳も体も眠っている状態)から始まり、約90分後にレム睡眠(脳は起きて体が眠っている状態)に替わります。ノンレム睡眠とレム睡眠は90分でワンセットで、この90分周期が4~5回繰り返されて6~8時間の睡眠が形作られます。最初のレム睡眠は5分、2回目は10分というように、前半の睡眠周期では比較的短かったレム睡眠が、後半につれて長くなっていきます。睡眠が進むほどレム睡眠の割合が多くなることで、脳を覚醒させる準備、目覚めの準備に入っていくわけです。    最初のノンレム睡眠の大きな働き  こうしたメカニズムから、最初のノンレム睡眠が全体を通して最も深い睡眠になります。そしてこのときに睡眠の持つ様々な働きが一番発揮されています。  ・筋肉や骨を強くして代謝を高める成長ホルモンが最も分泌される  ・日中にたまった眠りたいという欲求の大部分が放出される  ・免疫力を高めて病気を予防する  ・自律神経を整える  ・大脳皮質に記憶を保存させる  ・嫌な記憶を消去する  ・脳の老廃物を除去し脳のコンディションを整える    朝起きたとき眠気が取れないとか、あまり眠った感じがしないといったことは、ノンレム睡眠の時間が短かったり、深いノンレム睡眠が得られていないために起きている場合が多いです。特に最初の90分間が崩れてしまうと、その晩全体の睡眠に悪影響が及び、睡眠の質を損ねてしまうことにつながります。  深いノンレム睡眠で睡眠リズムが整い、自律神経やホルモンの働きもよくなり、翌日のパフォーマンスも上がります。毎日のパフォーマンスアップのために、最初に深い眠りが訪れるよう、規則正しい睡眠習慣や快適な睡眠環境を整えていきましょう。