test

Goen3Health

written articles

エクササイズで冷えを解消

冷えの原因の一つに運動不足があります。  体熱の35~40%は筋肉で産生されています。運動をしないと熱をつくりだす筋肉量が減ってしまいます。また、筋肉と血液の流れには深い関係があります。運動不足になると体の代謝が落ち、血液の循環が悪くなって体温が下がります。つまり、血の流れが悪くなると冷え性になるわけです。  では、血行をよくするにはどうしたらよいのでしょうか?「血の流れ」というのは心臓の働きだけに左右されるわけではありません。心臓はポンプの働きをしていますが、血液を手足の先まで送り届けることはできても、逆に心臓まで押し戻すことはできません。血液を押し戻しているのは筋肉の力なのです。筋肉を動かすことによって血管を広げたり収縮させたりして血を押し戻しています。この働きをマッスルポンプといいます。  とくに、足の筋肉をよく動かすと、血液を心臓に戻す働きが強くなります。だからこそ、「足は第2の心臓」と呼ばれるのです。  運動不足で足の筋肉が衰えてくると下半身の血液循環が悪くなり、足腰が冷える傾向が強くなります。女性は男性に比べて一般にこの血液を押し戻すポンプの力が弱いことも冷え性が多い原因になっています。  運動不足になると血行が悪くなります。体温をつくるのは筋肉です。運動で筋肉を鍛えて、熱エネルギーを送る血液の循環をよくすることで冷えを解消しましょう。    汗をかくことの大切さ  運動が冷え性に効く理由は、血行がよくなり新陳代謝が高まる、汗をかくことで汗腺が活発になり免疫を司る皮膚の働きがよくなる、そして、筋肉を刺激することで自律神経の機能が活発になるからです。  しっかり汗を出して体温調節すると自律神経の調子が回復します。すると、夜には血管がほどよく締まるので、寝るときには適度な体温になります。  汗をかくということは私たちが生きていく上で欠かせません。体温調節ばかりではなく、老廃物や過剰塩分、有害な重金属などが汗と一緒に皮膚から排泄されているからです。  発汗のための運動には、ハードなトレーニングをする必要はありません。軽い運動でも1時間に約200グラムの汗が出ます。家の中でストレッチやエクササイズをするだけでも効果があります。  ウォーキングや背伸び運動などで、とくに足の筋肉を刺激することも大切です。水分や血液を運んでいるのは足の筋肉の力です。足の筋肉を動かすと、筋肉のポンプ機能が活発になって、下半身にとどこおっていた血液がスムーズに流れるようになります。  オフィスなどで長時間座りっぱなしでいたりすると血液循環は悪くなります。1時間に1回は席を立って、なるべく動いたり歩いたりするように心がけてください。 

冷えとダイエット

手足や腰など主に下半身が冷たく感じる、いわゆる「冷え性」の女性が増えています。ひと昔前は、冷え性は更年期障害のひとつとして知られていました。でも、最近は若い女性の多くが冷え性による自覚症状を感じています。  寒い冬ばかりではなく真夏の暑い時期でも体の温かい感じがなく、お風呂に入ってもすぐに手足が冷たくなってしまう、寒くて夜も眠れないなどで悩んでいる方が少なくありません。  ヒトには体温を一定に保つ機能が備わっています。気温が下がったり上がったりすると、皮膚から脳に温度の情報が伝わり、脳の視床下部というところにある自律神経から体のさまざまな器官に体温調節のための指令が下ります。この命令系統がうまく機能しないのが冷え性です。  冷え性が女性に多い理由は、女性は血管が細いので、血管が少しでも収縮するとすぐに血流が抑えられてしまうからです。そのために手足の末端が冷えてしまうのです。  また、女性は男性に比べて筋肉量が少ないという理由もあります。筋肉は食べ物から得た栄養分によって熱を作りだします。    冷え性が太りやすい理由  冷え性・低体温の人は太りやすく、ダイエットをしても効果が現われにくい傾向もあります。それは、体が冷えていると基礎代謝が少なくなるからです。体温が低いということは基礎代謝が低いということです。私たちは何もしないでいても、眠っていてもカロリーを消費します。呼吸や体温の維持、消化などの生命活動を維持するために最低限必要なエネルギーです。これが基礎代謝です。  深部体温(内臓の温度)が1度下がると、基礎代謝量も12%ほど低下するといわれています。たとえば、一日の基礎代謝量が1200キロカロリーの女性なら、体温が1度低くなれば一日で約144キロカロリーほどエネルギー消費量が低下するということです。  カロリー消費に差があると、同じ食事をしていても低体温の人のほうが体重は増えやすいのです。また、酵素の働きが弱くなるので、脂肪は燃えにくくなります。しかも、体脂肪が多くなるほど低体温になりやすいので、肥満と低体温が悪循環になってしまいます。  ダイエットをしているのに効果が出ないという人は、一度平熱を測ってみてはいかがでしょうか? 案外、体温の低いことがやせられなかった原因かもしれません。   

免疫力と遠赤外線バイオセラミックス

現代は「冷え」の時代です。  これはべつに人の心や社会が冷たくなったという比喩ではありません。文字どおり、私たち人間の体が冷えているのです。冷え性といえば女性の専売特許でしたが、冷え性の男性や低体温の子どもも増えています。  地球は温暖化しているのに人間は冷えているというのも皮肉なパラドックスです。でも、これは同じ根っこの問題かもしれません。異常気象は熱波と寒波の両方をもたらしますし、温暖化が進めばやがて地球は氷河期に突入するといわれています。人間の体も同じです。要するに、環境もヒトも「循環」と「バランス」が乱れてきているのです。  原因は何でしょう? どうやら私たちの生活習慣にあるようです。そしていま、多くの人が冷えからくる体の不快な症状に悩んでいます。  低体温になると、体に必要な栄養をとり込んだり、老廃物を排泄したりする機能が低下してしまいます。免疫力も低下し、体調不良を起こしやすくなります。  体温と免疫力には深い関係があります。体温が低いとウイルスを死滅させる働きが弱くなってしまうのです。そのため、風邪を引きやすいし、ちょっとしたことで病気になってしまいます。  東洋医学では昔から「冷えは万病のもと」といわれてきました。近年では西洋医学でも冷えと免疫、自律神経などの関係が明らかにされ、やはり体の冷えが問題視されています。「体を温めると免疫が高まる」とする「体温免疫力」という考え方も一般的になりつつあります。    遠赤外線とバイオセラミック  体を温めるには、食生活、運動、入浴などさまざまな方法がありますが、「遠赤外線」による温熱効果もその一つです。遠赤外線が体内に吸収されるとさまざまな作用が発揮され、体が芯から温まり、私たちの体温や循環のバランスを整えてくれます。  そもそも遠赤外線は太陽光線に含まれていて、私たちの生命と健康を維持するために欠かせないものです。この太陽の恵みを十分に活用するには限界がありましたが、セラミックなどの材料の進歩によって、遠赤外線を人工的に得ることが可能になっています。セラミックは効率よく遠赤外線を放射するという特徴があり、これを利用したサウナや岩盤浴、暖房器、衣料などをみなさんも目にしたことがあると思います。なかでもより人体になじみやすいバイオセラミックという素材は、とくに人間の体に有益な波長を効率よく放出します。  近年では遠赤外線と一酸化窒素(NO)の関係など、温熱効果以外の新しい作用も解明されてきており、バイオセラミック素材の開発と合わせて、健康・医療分野のホットな領域になっています。  Goen 3 Healthでは、この遠赤外線バイオセラミックに関する話題をはじめ、皆さんの毎日の暮らしに役立つ、ライフスタイルとしての健康・美容情報をお届けしていきます。   

良質な睡眠のキーポイントは深部体温と副交感神経

睡眠の質は寝始め90分の眠りの深さ、つまり最初のノンレム睡眠の深さで決まると言います。専門家のアドバイスをまとめると、深いノンレム睡眠を得るには、就寝時に深部体温が十分に下がること、そして副交感神経が優位であること、この2点がとりわけ重要なようです。    深部体温の低下  日中の活動時は内臓や脂肪、筋肉などが熱を生み出し、体内部の体温である深部体温は皮膚温度よりも最大で約2℃高くなります。これが夜間になると、心臓や脳など体の中心部から手足の抹消血管へと血液が流れ込み皮膚温度が上昇します。そしてその熱が体外に放出されることで、深部体温は下がっていきます。体は深部体温を下げて省エネモードに入り、脳や臓器を休めるのです。  このように深部体温が下がって皮膚温度との差が縮まり、体全体の体温が平均化することで、深いノンレム睡眠が訪れます。人の体は体温を一定に保つ働きがあるので、体温が上がるとその分だけ放熱も進みます。就寝1~2時間前の入浴が推奨されるのは、入浴で一時的に深部体温を上げておくと、その後で大きく下がるので、それが入眠の絶好のタイミングになるからです。  しかし冷え性などで手足に血液が流れず放熱が不十分だと、深部体温が十分に下がりません。また、そもそも深部体温が低いと十分な体温変化が起こりません。そうなると体はなかなか省エネモードに入れず、良い睡眠を得ることが難しくなってしまいます。    副交感神経を優位に  自律神経の乱れも体が省エネモードに入るのを妨げる大きな要因になります。手や足などの筋肉を動かす運動神経とは異なり、自分ではコントロールできない自律神経には、日中に優位になる緊張モードの交感神経と、夜に優位になるリラックスモードの副交感神経があります。この2つは一方が活動するともう一方が抑制されることでバランスを取っており、眠るためには「戦いの神経」である交感神経ではなく、「休息の神経」である副交感神経が優位になる必要があります。しかし刺激やストレスの多い現代社会では、夜になっても交感神経が活発なまま、副交感神経のスイッチが入りにくい生活環境になっています。  こうしたとき副交感神経のスイッチを入れるには、血行をよくすることが一番です。副交感神経が優位になると血行がよくなるので、その逆もまた真なのです。さらに血行がよくなると、睡眠を阻害する冷えの改善にもつながります。健康の基本のキである血行促進は、良質な睡眠にも欠かせないものだと言えます。   

眠らない日本人の大きな損失、コロナを機会に睡眠を見直す

日本人は世界一眠らない国民と言われます。2018年に報告されたOECD(経済協力開発機構)のデータでは、日本人の1日の平均睡眠時間は30カ国中もっとも短い7時間22分でした(第2位の韓国は7時間41分)。また、ウェアラブル・デバイスのポラール社が主要28カ国・地域の約600万人の製品ユーザー(2018年)のデータを分析した調査でも、日本人の平均睡眠時間は男性が6時間30分、女性が6時間40分で、ともに世界最短でした(最長はフィンランドで男性7時間24分、女性7時間45分)。  国内の調査に目を向けると、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」(2018年)では、国民の約40%が睡眠時間6時間未満で、40代前後を中心に多くの人が睡眠不足に陥っているということです。    睡眠不足とホルモンバランスの乱れ  睡眠不足の状態は、たとえばホルモンに関することだけでも、人の体に次のような悪影響を及ぼします。  ・成長ホルモンが減る:睡眠中に分泌される成長ホルモンは、体の基礎代謝/新陳代謝、コラーゲンやタンパク質の合成、細胞の修復、免疫機能などと深く関係しています。たとえば成長ホルモンの分泌が減少し、肌のターンオーバーが遅くなると、シワやくすみなどのトラブルが増える原因にもなります。  ・メラトニンの分泌が減る:メラトニンは強力な抗酸化力をもつアンチエイジングホルモンで、成長ホルモンの分泌を促す役割もあります。成長ホルモンの効果を十分に発揮させるにはメラトニンの分泌が欠かせません。  ・ストレスホルモンの過剰分泌:睡眠不足が続くとストレスホルモンが過剰に分泌され、自律神経に乱れが生じることで、たとえばニキビや吹き出物など肌トラブルの原因にもなります。  ・レプチン濃度の低下:食欲を抑えるホルモンであるレプチンの濃度が低下し、代わりに食欲増進ホルモンであるグレリンの濃度が上昇します。レプチンの効きが悪くなり食欲が増大することで、食べ過ぎやカロリー超過に陥りやすくなります。    社会経済に与える巨大な損失  睡眠不足は個人だけでなく社会にも大きな損失をもたらします。  米国ランド研究所の2016年の調査では、日本の睡眠不足による経済損失(仕事のパフォーマンス劣化による経営効率の低下など)は年間約15兆円に上ると試算されました。また、日本大学医学部の内山真教授の調査「睡眠障害の社会生活に及ぼす影響と経済損失」では、勤務中の眠気による作業効率の低下や欠勤、交通事故などの損失を合計すると約3兆4690億円に達するとのことです。    このように睡眠不足はまさに百害あって一利なし。コロナウイルスと共存しつつ社会経済活動を上手く進めていくためにも、質の良い睡眠を十分に取ることを意識して、新しい社会様式に適応していきましょう。 

良質な睡眠のメカニズムを知る、かなめは最初の90分

質の良い睡眠のカギは入眠直後の90分にある――寝始め90分の眠りの深さが、その晩全体の睡眠の質を示すという有力な説があります。というのも睡眠中に分泌される成長ホルモンの80%近くが、この寝始め90分の間に分泌されると言われるからです。  睡眠はまずノンレム睡眠(脳も体も眠っている状態)から始まり、約90分後にレム睡眠(脳は起きて体が眠っている状態)に替わります。ノンレム睡眠とレム睡眠は90分でワンセットで、この90分周期が4~5回繰り返されて6~8時間の睡眠が形作られます。最初のレム睡眠は5分、2回目は10分というように、前半の睡眠周期では比較的短かったレム睡眠が、後半につれて長くなっていきます。睡眠が進むほどレム睡眠の割合が多くなることで、脳を覚醒させる準備、目覚めの準備に入っていくわけです。    最初のノンレム睡眠の大きな働き  こうしたメカニズムから、最初のノンレム睡眠が全体を通して最も深い睡眠になります。そしてこのときに睡眠の持つ様々な働きが一番発揮されています。  ・筋肉や骨を強くして代謝を高める成長ホルモンが最も分泌される  ・日中にたまった眠りたいという欲求の大部分が放出される  ・免疫力を高めて病気を予防する  ・自律神経を整える  ・大脳皮質に記憶を保存させる  ・嫌な記憶を消去する  ・脳の老廃物を除去し脳のコンディションを整える    朝起きたとき眠気が取れないとか、あまり眠った感じがしないといったことは、ノンレム睡眠の時間が短かったり、深いノンレム睡眠が得られていないために起きている場合が多いです。特に最初の90分間が崩れてしまうと、その晩全体の睡眠に悪影響が及び、睡眠の質を損ねてしまうことにつながります。  深いノンレム睡眠で睡眠リズムが整い、自律神経やホルモンの働きもよくなり、翌日のパフォーマンスも上がります。毎日のパフォーマンスアップのために、最初に深い眠りが訪れるよう、規則正しい睡眠習慣や快適な睡眠環境を整えていきましょう。

免疫力アップに美容効果に、良質な睡眠にはメリットがいっぱい

コロナで伸びる睡眠時間が  新型コロナウイルスの世界的な流行が始まって以降、欧米諸国では国民の睡眠時間が伸びたとするいくつかの調査結果が出ています。米コロラド大学が大学生を対象にした調査では、平均して毎日30分程度、以前よりも睡眠時間が増えていると報告されました。一方、スイス・バーゼル大学の研究者グループによれば、オーストリア、ドイツ、スイスの調査対象者の間で平均1晩当たり13分、睡眠が長くなっていることが分かりました。睡眠の質や量の低下が免疫力を下げることを考えると、こうした睡眠時間の変化はコロナ感染予防の点からも望ましいと言えそうです。    ストレス緩和や記憶の整理も  「免疫機能の調整」は睡眠の大切な役割の一つです。たとえば睡眠中の人の体内では、免疫の働きを活性化するサイトカインという免疫ホルモンが放出されます。また、睡眠を促すホルモンであるメラトニンには、免疫力を高める作用があるといわれています。  しかし睡眠の役割は免疫力を高めるだけではありません。健康維持に必要な様々な役割を睡眠は担っています。  ・体と脳に休息を与え疲労を回復する:睡眠時に分泌される成長ホルモンが、細胞の新陳代謝を促し、日中の活動で傷ついた皮膚や筋肉の機能を修復します。また、睡眠により脳を休ませることで、神経細胞の興奮が抑えられ、不安感や不快感などのストレス緩和に効果を発揮します。  ・美容・美肌効果:睡眠時に分泌される成長ホルモンには、肌のターンオーバーを促す働きや脂肪を燃焼させる効果もあります。  ・記憶を整理する:脳は睡眠中にその日の出来事や学習したことを整理・記憶する働きがあると考えられています。十分な睡眠が集中力を高め、脳機能を向上させます。  ・有害な毒素や脳の老廃物を排出する:体と脳のデトックスも睡眠の仕事です。    人が人生の3分の1を眠りに充てるのは、このような極めて大切な働きが睡眠にはあるからです。睡眠が人生の質を決めるといっても大げさではありません。みなさん良い睡眠を取れていますか。コロナの時代こそ自分の睡眠を見直してみるいい機会かもしれません。   

バイオセラミックMIG3®は、ジノイド脂肪萎縮症(セルライト)の治療に最適なサポートです。

セルライトは、世界中の女性に共通する問題です。人生のあらゆる段階で90%の女性に影響を与えるセルライトは、肌の一貫性のない外観により、多くの女性が自己意識を持っています。女性たちは、肌を引き締めるためのクリーム/治療に何百万ドルも費やし、この病気と戦うために何十年もの人生を捧げてきました。 Invel®社は、家庭、職場、移動中に治療が行われるようにする方法を開発しました。特許取得済みのバイオセラミックMIG3®は、マグネシウム、アルミニウム、ケイ素の酸化物とセラミック素材を混合したものです。これらは、織物の糸に組み込まれます。使用すると、MIG 3®バイオセラミックは、マイクロ循環を刺激することにより、一酸化窒素の産生を増加させます。 自然に体が熱を発生するため、Invel® MIG3®はそのエネルギーを捕捉し、3〜14mの深さの遠赤外線を肌に反射します。この波長で、体は光化学効果を生み出し、マイクロ循環と肌の一貫性が改善されるため、セルライトの治療に便利な治療法となります。 「専門家の意見」のコラムで、バイオセラミックMIG3®技術は、リポジストロフィー・ジノイドの治療に最適なサポートであると述べているウンベルト・アルフォンソ・ポンツィオ博士は、MIG3®の肌の外観と質感に対する利点をより詳しく説明しています。

Explore more

spot_img

Create a website from scratch

With Newspaper Theme you can drag and drop elements onto a page and customize them to perfection. Try it out today and create the perfect site to express yourself!