FOOD

Home

免疫力と遠赤外線バイオセラミックス

現代は「冷え」の時代です。 これはべつに人の心や社会が冷たくなったという比喩ではありません。文字どおり、私たち人間の体が冷えているのです。冷え性といえば女性の専売特許でしたが、冷え性の男性や低体温の子どもも増えています。 地球は温暖化しているのに人間は冷えているというのも皮肉なパラドックスです。でも、これは同じ根っこの問題かもしれません。異常気象は熱波と寒波の両方をもたらしますし、温暖化が進めばやがて地球は氷河期に突入するといわれています。人間の体も同じです。要するに、環境もヒトも「循環」と「バランス」が乱れてきているのです。 原因は何でしょう? どうやら私たちの生活習慣にあるようです。そしていま、多くの人が冷えからくる体の不快な症状に悩んでいます。 低体温になると、体に必要な栄養をとり込んだり、老廃物を排泄したりする機能が低下してしまいます。免疫力も低下し、体調不良を起こしやすくなります。 体温と免疫力には深い関係があります。体温が低いとウイルスを死滅させる働きが弱くなってしまうのです。そのため、風邪を引きやすいし、ちょっとしたことで病気になってしまいます。 東洋医学では昔から「冷えは万病のもと」といわれてきました。近年では西洋医学でも冷えと免疫、自律神経などの関係が明らかにされ、やはり体の冷えが問題視されています。「体を温めると免疫が高まる」とする「体温免疫力」という考え方も一般的になりつつあります。 遠赤外線とバイオセラミック 体を温めるには、食生活、運動、入浴などさまざまな方法がありますが、「遠赤外線」による温熱効果もその一つです。遠赤外線が体内に吸収されるとさまざまな作用が発揮され、体が芯から温まり、私たちの体温や循環のバランスを整えてくれます。 そもそも遠赤外線は太陽光線に含まれていて、私たちの生命と健康を維持するために欠かせないものです。この太陽の恵みを十分に活用するには限界がありましたが、セラミックなどの材料の進歩によって、遠赤外線を人工的に得ることが可能になっています。セラミックは効率よく遠赤外線を放射するという特徴があり、これを利用したサウナや岩盤浴、暖房器、衣料などをみなさんも目にしたことがあると思います。なかでもより人体になじみやすいバイオセラミックという素材は、とくに人間の体に有益な波長を効率よく放出します。 近年では遠赤外線と一酸化窒素(NO)の関係など、温熱効果以外の新しい作用も解明されてきており、バイオセラミック素材の開発と合わせて、健康・医療分野のホットな領域になっています。 Goen 3 Healthでは、この遠赤外線バイオセラミックに関する話題をはじめ、皆さんの毎日の暮らしに役立つ、ライフスタイルとしての健康・美容情報をお届けしていきます。
Home

慢性的な背中の痛みは肥満のせいかも

肥満は現代社会が抱える大きな問題の一つです。ファストフード過多の食習慣や、忙しい生活のなかでの運動不足、休息不足などから、米国では肥満人口が急速に増加し、深刻な問題になっています。国民の大半が理想的な体重をオーバーしています。多くの人が切実な健康問題を抱え、慢性の痛みやクオリティオブライフの低下から逃れられなくなっているのです。    肥満が激痛を生むことも  過剰な体重で脊椎に大きな圧力がかかり、背中の痛みが引き起こされることが分かっています。体脂肪の増加で脊椎が体を十分に垂直に保てなくなるのです。そして脊椎への圧力は、背中の痛みだけでなく、椎間板ヘルニアや腰椎疾患、ぎっくり腰などの合併リスクを高める要因にもなります。    減量することで、肥満が引き起こす心臓発作や糖尿病などのリスクを下げることができますが、それだけではありません。減量で背痛が解消されるかもしれません。筋肉に求められる必要な働きが軽減されるためで、特に普段から姿勢の悪い人にとっては(座っているときであれ立っているときであれ)、大きな効果があるでしょう。それゆえ背中の痛みに対処する最善の方法は、バランスの取れた健康的な食事と適度な運動にあるとも言えるのです。    背中に慢性的な痛みがあって、よい姿勢を保つことが難しい人は、家事をするにも一苦労ではないかと思います。仕事の能率もなかなか上がらないことでしょう。でも、体重を数キロ落とすだけで、クオリティオブライフを高める上でとても大きな変化が生まれるかもしれないのです。 
Home

アンチエイジング、体の酸化と糖化を知って防ぐ 

一般的にアンチエイジングとは、心身の老化を抑えて若々しさを保つ取り組みのことを指します。そして老化の2大要因とされるものに、体の「酸化」と「糖化」があります。   人間は食物から得た糖質を、呼吸から得た酸素を使って燃焼させることでエネルギーを得ていますが、体に取り入れた酸素の約2%が活性酸素になると言われます。活性酸素とは電子が1つ欠けて不安定な状態になった酸素のことで、電子のペアを求めて近くの分子から電子を奪っていきます。このようにして分子が電子を失う化学反応のことを酸化といい、電子を奪われた細胞は傷ついて劣化していきます。鉄が空気中の酸素に触れてサビたり、果物が変色したりするのも同じ原理です。   一方、糖化とは体内で余分な糖がタンパク質と結合し、AGE(終末糖化産物)という悪玉物質に変わることです。AGEは分解されにくく、他のタンパク質の本来の働きを阻害します。このためAGEが蓄積されていくと、タンパク質でできた血管や筋肉、肌、骨など体の組織の劣化を招きます。活性酸素による酸化が体のサビと言われるのに対し、AGEを生む糖化は体のコゲと呼ばれます。そして体のサビとコゲは密接に結びついています。    サビとコゲが揃うと大ダメージに  食物から得た糖質が消化・分解されると、ブドウ糖になって血管に送られます。血液中に含まれるブドウ糖の量を示すのが血糖値ですので当然、食後は血糖値が上がります。特に一度に多くの糖質を摂取すると、血糖値は急上昇します。すると血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌量も増えるので、今度は血糖値が一気に下がります。このように血糖値が短時間のうちに乱高下することを「血糖値スパイク」といい、血糖値スパイクが繰り返されると、血管の細胞内に活性酸素が大量発生し、血管の細胞を酸化させてしまうのです。  また、血管の主要な材料はたんぱく質なので、血糖値が高いと血管壁の糖化が進み、血管を傷つけてしまいます。こうして糖化と酸化のダブルパンチで血管の老化が進むと、それはそのまま体全体の老化となっていきます。    一方で人間の体には活性酸素に対する防衛システムが備わっています。酵素やビタミン、ミネラルなどが抗酸化物質として、余剰に発生した活性酸素を処理します。活性酸素に電子を与えて安定化させるのです。  糖化についても、体に備わった抗糖化の働きがあります。たとえば自然免疫の中心的細胞であるマクロファージは、AGEを見つけて食べてくれます。しかし活性酸素と同様、処理しきれなくなれば、細胞のダメージは増えていきます。酸化と糖化が揃うとそのダメージは何倍にもなります。    適度な運動とメンタルヘルスが大事  酸素も糖質も生きるための大事なエネルギー源であり、酸化や糖化を起こさずに生きていくことはもちろんできません。しかしそのリスクを下げることならできます。  活性酸素を大量に発生させる要因には、過度な運動やストレス、喫煙や紫外線、食品添加物や睡眠不足などがあります。糖化については糖質の多い食生活と運動不足が2大原因とされ、ストレスも新陳代謝を低下させるので糖化を助長します。また、血糖値スパイクを避けるには、早食いに気をつけたり、糖が体内に吸収されるのをゆるやかにする食物繊維を摂ることも役立ちます。  「人生100年時代」と言われるようになる一方で、現代社会の生活環境や生活習慣は、体のバランスが酸化・糖化の方へと傾きやすくなっています。「生涯現役社会」を創造するには、健康寿命を伸ばすことが最重要課題になります。身体のサビとコゲを抑えるアンチエイジングな生活習慣が今後ますます求められていくでしょう。