ホーム遠赤外線技術

Category: 遠赤外線技術

エクササイズで冷えを解消

冷えの原因の一つに運動不足があります。  体熱の35~40%は筋肉で産生されています。運動をしないと熱をつくりだす筋肉量が減ってしまいます。また、筋肉と血液の流れには深い関係があります。運動不足になると体の代謝が落ち、血液の循環が悪くなって体温が下がります。つまり、血の流れが悪くなると冷え性になるわけです。  では、血行をよくするにはどうしたらよいのでしょうか?「血の流れ」というのは心臓の働きだけに左右されるわけではありません。心臓はポンプの働きをしていますが、血液を手足の先まで送り届けることはできても、逆に心臓まで押し戻すことはできません。血液を押し戻しているのは筋肉の力なのです。筋肉を動かすことによって血管を広げたり収縮させたりして血を押し戻しています。この働きをマッスルポンプといいます。  とくに、足の筋肉をよく動かすと、血液を心臓に戻す働きが強くなります。だからこそ、「足は第2の心臓」と呼ばれるのです。  運動不足で足の筋肉が衰えてくると下半身の血液循環が悪くなり、足腰が冷える傾向が強くなります。女性は男性に比べて一般にこの血液を押し戻すポンプの力が弱いことも冷え性が多い原因になっています。  運動不足になると血行が悪くなります。体温をつくるのは筋肉です。運動で筋肉を鍛えて、熱エネルギーを送る血液の循環をよくすることで冷えを解消しましょう。    汗をかくことの大切さ  運動が冷え性に効く理由は、血行がよくなり新陳代謝が高まる、汗をかくことで汗腺が活発になり免疫を司る皮膚の働きがよくなる、そして、筋肉を刺激することで自律神経の機能が活発になるからです。  しっかり汗を出して体温調節すると自律神経の調子が回復します。すると、夜には血管がほどよく締まるので、寝るときには適度な体温になります。  汗をかくということは私たちが生きていく上で欠かせません。体温調節ばかりではなく、老廃物や過剰塩分、有害な重金属などが汗と一緒に皮膚から排泄されているからです。  発汗のための運動には、ハードなトレーニングをする必要はありません。軽い運動でも1時間に約200グラムの汗が出ます。家の中でストレッチやエクササイズをするだけでも効果があります。  ウォーキングや背伸び運動などで、とくに足の筋肉を刺激することも大切です。水分や血液を運んでいるのは足の筋肉の力です。足の筋肉を動かすと、筋肉のポンプ機能が活発になって、下半身にとどこおっていた血液がスムーズに流れるようになります。  オフィスなどで長時間座りっぱなしでいたりすると血液循環は悪くなります。1時間に1回は席を立って、なるべく動いたり歩いたりするように心がけてください。 

冷えとダイエット

手足や腰など主に下半身が冷たく感じる、いわゆる「冷え性」の女性が増えています。ひと昔前は、冷え性は更年期障害のひとつとして知られていました。でも、最近は若い女性の多くが冷え性による自覚症状を感じています。  寒い冬ばかりではなく真夏の暑い時期でも体の温かい感じがなく、お風呂に入ってもすぐに手足が冷たくなってしまう、寒くて夜も眠れないなどで悩んでいる方が少なくありません。  ヒトには体温を一定に保つ機能が備わっています。気温が下がったり上がったりすると、皮膚から脳に温度の情報が伝わり、脳の視床下部というところにある自律神経から体のさまざまな器官に体温調節のための指令が下ります。この命令系統がうまく機能しないのが冷え性です。  冷え性が女性に多い理由は、女性は血管が細いので、血管が少しでも収縮するとすぐに血流が抑えられてしまうからです。そのために手足の末端が冷えてしまうのです。  また、女性は男性に比べて筋肉量が少ないという理由もあります。筋肉は食べ物から得た栄養分によって熱を作りだします。    冷え性が太りやすい理由  冷え性・低体温の人は太りやすく、ダイエットをしても効果が現われにくい傾向もあります。それは、体が冷えていると基礎代謝が少なくなるからです。体温が低いということは基礎代謝が低いということです。私たちは何もしないでいても、眠っていてもカロリーを消費します。呼吸や体温の維持、消化などの生命活動を維持するために最低限必要なエネルギーです。これが基礎代謝です。  深部体温(内臓の温度)が1度下がると、基礎代謝量も12%ほど低下するといわれています。たとえば、一日の基礎代謝量が1200キロカロリーの女性なら、体温が1度低くなれば一日で約144キロカロリーほどエネルギー消費量が低下するということです。  カロリー消費に差があると、同じ食事をしていても低体温の人のほうが体重は増えやすいのです。また、酵素の働きが弱くなるので、脂肪は燃えにくくなります。しかも、体脂肪が多くなるほど低体温になりやすいので、肥満と低体温が悪循環になってしまいます。  ダイエットをしているのに効果が出ないという人は、一度平熱を測ってみてはいかがでしょうか? 案外、体温の低いことがやせられなかった原因かもしれません。   

エクササイズで冷えを解消

冷えの原因の一つに運動不足があります。  体熱の35~40%は筋肉で産生されています。運動をしないと熱をつくりだす筋肉量が減ってしまいます。また、筋肉と血液の流れには深い関係があります。運動不足になると体の代謝が落ち、血液の循環が悪くなって体温が下がります。つまり、血の流れが悪くなると冷え性になるわけです。  では、血行をよくするにはどうしたらよいのでしょうか?「血の流れ」というのは心臓の働きだけに左右されるわけではありません。心臓はポンプの働きをしていますが、血液を手足の先まで送り届けることはできても、逆に心臓まで押し戻すことはできません。血液を押し戻しているのは筋肉の力なのです。筋肉を動かすことによって血管を広げたり収縮させたりして血を押し戻しています。この働きをマッスルポンプといいます。  とくに、足の筋肉をよく動かすと、血液を心臓に戻す働きが強くなります。だからこそ、「足は第2の心臓」と呼ばれるのです。  運動不足で足の筋肉が衰えてくると下半身の血液循環が悪くなり、足腰が冷える傾向が強くなります。女性は男性に比べて一般にこの血液を押し戻すポンプの力が弱いことも冷え性が多い原因になっています。  運動不足になると血行が悪くなります。体温をつくるのは筋肉です。運動で筋肉を鍛えて、熱エネルギーを送る血液の循環をよくすることで冷えを解消しましょう。    汗をかくことの大切さ  運動が冷え性に効く理由は、血行がよくなり新陳代謝が高まる、汗をかくことで汗腺が活発になり免疫を司る皮膚の働きがよくなる、そして、筋肉を刺激することで自律神経の機能が活発になるからです。  しっかり汗を出して体温調節すると自律神経の調子が回復します。すると、夜には血管がほどよく締まるので、寝るときには適度な体温になります。  汗をかくということは私たちが生きていく上で欠かせません。体温調節ばかりではなく、老廃物や過剰塩分、有害な重金属などが汗と一緒に皮膚から排泄されているからです。  発汗のための運動には、ハードなトレーニングをする必要はありません。軽い運動でも1時間に約200グラムの汗が出ます。家の中でストレッチやエクササイズをするだけでも効果があります。  ウォーキングや背伸び運動などで、とくに足の筋肉を刺激することも大切です。水分や血液を運んでいるのは足の筋肉の力です。足の筋肉を動かすと、筋肉のポンプ機能が活発になって、下半身にとどこおっていた血液がスムーズに流れるようになります。  オフィスなどで長時間座りっぱなしでいたりすると血液循環は悪くなります。1時間に1回は席を立って、なるべく動いたり歩いたりするように心がけてください。 

エクササイズで冷えを解消

冷えの原因の一つに運動不足があります。  体熱の35~40%は筋肉で産生されています。運動をしないと熱をつくりだす筋肉量が減ってしまいます。また、筋肉と血液の流れには深い関係があります。運動不足になると体の代謝が落ち、血液の循環が悪くなって体温が下がります。つまり、血の流れが悪くなると冷え性になるわけです。  では、血行をよくするにはどうしたらよいのでしょうか?「血の流れ」というのは心臓の働きだけに左右されるわけではありません。心臓はポンプの働きをしていますが、血液を手足の先まで送り届けることはできても、逆に心臓まで押し戻すことはできません。血液を押し戻しているのは筋肉の力なのです。筋肉を動かすことによって血管を広げたり収縮させたりして血を押し戻しています。この働きをマッスルポンプといいます。  とくに、足の筋肉をよく動かすと、血液を心臓に戻す働きが強くなります。だからこそ、「足は第2の心臓」と呼ばれるのです。  運動不足で足の筋肉が衰えてくると下半身の血液循環が悪くなり、足腰が冷える傾向が強くなります。女性は男性に比べて一般にこの血液を押し戻すポンプの力が弱いことも冷え性が多い原因になっています。  運動不足になると血行が悪くなります。体温をつくるのは筋肉です。運動で筋肉を鍛えて、熱エネルギーを送る血液の循環をよくすることで冷えを解消しましょう。    汗をかくことの大切さ  運動が冷え性に効く理由は、血行がよくなり新陳代謝が高まる、汗をかくことで汗腺が活発になり免疫を司る皮膚の働きがよくなる、そして、筋肉を刺激することで自律神経の機能が活発になるからです。  しっかり汗を出して体温調節すると自律神経の調子が回復します。すると、夜には血管がほどよく締まるので、寝るときには適度な体温になります。  汗をかくということは私たちが生きていく上で欠かせません。体温調節ばかりではなく、老廃物や過剰塩分、有害な重金属などが汗と一緒に皮膚から排泄されているからです。  発汗のための運動には、ハードなトレーニングをする必要はありません。軽い運動でも1時間に約200グラムの汗が出ます。家の中でストレッチやエクササイズをするだけでも効果があります。  ウォーキングや背伸び運動などで、とくに足の筋肉を刺激することも大切です。水分や血液を運んでいるのは足の筋肉の力です。足の筋肉を動かすと、筋肉のポンプ機能が活発になって、下半身にとどこおっていた血液がスムーズに流れるようになります。  オフィスなどで長時間座りっぱなしでいたりすると血液循環は悪くなります。1時間に1回は席を立って、なるべく動いたり歩いたりするように心がけてください。 

冷えとダイエット

手足や腰など主に下半身が冷たく感じる、いわゆる「冷え性」の女性が増えています。ひと昔前は、冷え性は更年期障害のひとつとして知られていました。でも、最近は若い女性の多くが冷え性による自覚症状を感じています。  寒い冬ばかりではなく真夏の暑い時期でも体の温かい感じがなく、お風呂に入ってもすぐに手足が冷たくなってしまう、寒くて夜も眠れないなどで悩んでいる方が少なくありません。  ヒトには体温を一定に保つ機能が備わっています。気温が下がったり上がったりすると、皮膚から脳に温度の情報が伝わり、脳の視床下部というところにある自律神経から体のさまざまな器官に体温調節のための指令が下ります。この命令系統がうまく機能しないのが冷え性です。  冷え性が女性に多い理由は、女性は血管が細いので、血管が少しでも収縮するとすぐに血流が抑えられてしまうからです。そのために手足の末端が冷えてしまうのです。  また、女性は男性に比べて筋肉量が少ないという理由もあります。筋肉は食べ物から得た栄養分によって熱を作りだします。    冷え性が太りやすい理由  冷え性・低体温の人は太りやすく、ダイエットをしても効果が現われにくい傾向もあります。それは、体が冷えていると基礎代謝が少なくなるからです。体温が低いということは基礎代謝が低いということです。私たちは何もしないでいても、眠っていてもカロリーを消費します。呼吸や体温の維持、消化などの生命活動を維持するために最低限必要なエネルギーです。これが基礎代謝です。  深部体温(内臓の温度)が1度下がると、基礎代謝量も12%ほど低下するといわれています。たとえば、一日の基礎代謝量が1200キロカロリーの女性なら、体温が1度低くなれば一日で約144キロカロリーほどエネルギー消費量が低下するということです。  カロリー消費に差があると、同じ食事をしていても低体温の人のほうが体重は増えやすいのです。また、酵素の働きが弱くなるので、脂肪は燃えにくくなります。しかも、体脂肪が多くなるほど低体温になりやすいので、肥満と低体温が悪循環になってしまいます。  ダイエットをしているのに効果が出ないという人は、一度平熱を測ってみてはいかがでしょうか? 案外、体温の低いことがやせられなかった原因かもしれません。   

免疫力と遠赤外線バイオセラミックス

現代は「冷え」の時代です。  これはべつに人の心や社会が冷たくなったという比喩ではありません。文字どおり、私たち人間の体が冷えているのです。冷え性といえば女性の専売特許でしたが、冷え性の男性や低体温の子どもも増えています。  地球は温暖化しているのに人間は冷えているというのも皮肉なパラドックスです。でも、これは同じ根っこの問題かもしれません。異常気象は熱波と寒波の両方をもたらしますし、温暖化が進めばやがて地球は氷河期に突入するといわれています。人間の体も同じです。要するに、環境もヒトも「循環」と「バランス」が乱れてきているのです。  原因は何でしょう? どうやら私たちの生活習慣にあるようです。そしていま、多くの人が冷えからくる体の不快な症状に悩んでいます。  低体温になると、体に必要な栄養をとり込んだり、老廃物を排泄したりする機能が低下してしまいます。免疫力も低下し、体調不良を起こしやすくなります。  体温と免疫力には深い関係があります。体温が低いとウイルスを死滅させる働きが弱くなってしまうのです。そのため、風邪を引きやすいし、ちょっとしたことで病気になってしまいます。  東洋医学では昔から「冷えは万病のもと」といわれてきました。近年では西洋医学でも冷えと免疫、自律神経などの関係が明らかにされ、やはり体の冷えが問題視されています。「体を温めると免疫が高まる」とする「体温免疫力」という考え方も一般的になりつつあります。    遠赤外線とバイオセラミック  体を温めるには、食生活、運動、入浴などさまざまな方法がありますが、「遠赤外線」による温熱効果もその一つです。遠赤外線が体内に吸収されるとさまざまな作用が発揮され、体が芯から温まり、私たちの体温や循環のバランスを整えてくれます。  そもそも遠赤外線は太陽光線に含まれていて、私たちの生命と健康を維持するために欠かせないものです。この太陽の恵みを十分に活用するには限界がありましたが、セラミックなどの材料の進歩によって、遠赤外線を人工的に得ることが可能になっています。セラミックは効率よく遠赤外線を放射するという特徴があり、これを利用したサウナや岩盤浴、暖房器、衣料などをみなさんも目にしたことがあると思います。なかでもより人体になじみやすいバイオセラミックという素材は、とくに人間の体に有益な波長を効率よく放出します。  近年では遠赤外線と一酸化窒素(NO)の関係など、温熱効果以外の新しい作用も解明されてきており、バイオセラミック素材の開発と合わせて、健康・医療分野のホットな領域になっています。  Goen 3 Healthでは、この遠赤外線バイオセラミックに関する話題をはじめ、皆さんの毎日の暮らしに役立つ、ライフスタイルとしての健康・美容情報をお届けしていきます。   
spot_img

Create a website from scratch

With Newspaper Theme you can drag and drop elements onto a page and customize them to perfection. Try it out today and create the perfect site to express yourself!